「オクラ」が大好きな2歳児くん。

投稿日:2013.08.22
記入者:夢川
担 当:川越子育て住宅研究会

みなさん、こんにちは!
まだまだ暑い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか?
お子様はまだ夏休み期間ですね。ご家族で楽しい思い出を作ってくださいね!


さて、私はお盆休みに里帰りをした際、甥っ子と遊んできました。
2歳児の甥っ子はとても元気で、たくさんしゃべるようになり、何ともかわいらしかったです。


よくしゃべり、よく動き、そして・・・
よく食べる!
本当に食欲が旺盛でビックリしました。


そんな甥っ子の最近の大好物は・・・
オクラでした!
夕食の時間になり、オクラが出てきた瞬間、「きゃーーー!!」と歓声を上げていました。


オクラに感動する2歳児にビックリ!!
お子様はあまり野菜が好きというイメージがなかったので、
なかなか良い味覚を持っている子だなと感心しました。


以前、こちらの連載で、子供の野菜の好き嫌いについて取り上げたことがありました。


ちなみに「オクラ」は、子供が苦手な野菜の第4位に入っていました。
ねばりなどの独特な触感を苦手とするお子様は多いようです。
他にも、苦みや辛みのある野菜も、苦手ランキングの上位に入っていました。


こうした苦手な野菜の克服法についても、記事を書きました。
苦手の克服ポイントは、「声かけ」「共食」「栽培体験」などが挙げられていました。


甥っ子は農家で生まれ育ったからか、野菜も好き嫌いがほとんどないようです。
野菜の育っていく過程を身近に見ていること、大人たちが「おいしい!」といって食べているところを見たり、いろいろな野菜を食べさせてくれる機会があること。


こうした環境が、良い影響を与えているのだと思います。


また、いつも新鮮なものを食べている、というのも大きいでしょう。
旬のおいしい野菜を食べて、「野菜はおいしい!」と感じられるのだと思います。


近頃は、さまざまなところで「食育」のイベントを行っていますし、
かわいいキャラ弁やキャラごはんを作って、子供に楽しく食事をさせるよう、ご家庭でもさまざまな工夫をされているようです。


お子様には、おいしく楽しく、バランスの良い食事をしながら、
心も体もすくすく育って行ってほしいですね!


★「子どもの野菜の好き嫌い克服」については、こちらも是非ご覧ください★
子どもの好きな野菜・嫌いな野菜
子どもが苦手な食べ物を克服するきっかけは?

<< 前の記事へ