いい家ではなく、いい暮らし方をつくること。

投稿日:2012.10.18
記入者:夢川
担 当:川越子育て住宅研究会

みなさん、こんにちは!
前回ご案内した、スマートハウス構造見学会&秋祭りイベントは、盛況のうちに終了いたしました。
私たちの家づくりの考え方を、たくさんの方に知っていただく良い機会となったと思います。
ご来場いただきました皆様、誠にありがとうございました!


私たちの「家づくり」の考え方。
今日は改めて、このお話をしようと思います。


私たちの考える家づくりとは・・・
「いい家をつくるだけではなく、いい暮らし方をつくること」です。


家は家族が暮らすための器にすぎません。
大切なのは、「そこに住まうご家族がどんな暮らし方をするのか」ということです。


ライフスタイルは家族の数だけあり、幸せの形もそれぞれです。
それぞれのご家族が幸せになれる暮らし方をつくる-そのお手伝いをするのが、私たちの家づくりです。


そのために、建物の基本的な性能、間取り、将来に備えたつくりなどにも配慮しています。


性能面では、長期優良住宅を標準仕様とした、孫の代まで住み続けられる安心・安全な家をつくる。


間取りについては、子どもの自主性を自然にはぐくみ、家族のコミュニケーションを深める工夫を凝らす。


さらに、将来に備えて、エネルギーを上手にやりくりして生活をサポートしてくれる「スマートハウス」の考え方を取り入れていく。


このように、建物のハードをしっかりと作りこんでいくことで、ご家族の暮らし方がより良いものになるお手伝いをしていきたいと考えています。


こうした考え方を詰め込んだのが、現在建設中のスマートハウスのモデルハウスです。


モデルハウスのオープンは来年1月中旬予定です。
私たちの家づくりを形にしたモデルハウスで、多くのご家族が、「いい家とは?いい暮らし方とは?」を考えるきっかけを得ていただければ幸いです。


【スマートハウス 特設ホームページ】
http://www.kizuki.biz/lp/smarthouse/what_smarthouse.html

<< 前の記事へ
次の記事へ >>