子どもは親の背中を見て育つ!

投稿日:2012.05.02
記入者:夢川
担 当:川越子育て住宅研究会

雨の日が続き、蒸し暑い陽気ですね。
早いもので、もう5月になりました。
ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしょうか?


さて、今回のテーマは「子どもは親の背中を見て育つ」です。
子どもは大人の真似をしたがるものですよね。


真似をすること。
心理学の用語では「モデリング」と言うそうです。
実は、先日の朝礼で「モデリング」の話題が出たので、少し調べてみました。
こんなときは、やはり「ウィキペディア」にお世話になります。


『モデリングは、心理学用語のひとつ。何かしらの対象物を見本(モデル)に、そのものの動作や行動を見て、同じような動作や行動をするのがモデリングである。

人間(主に子供)の成長過程では、モデリングにより学習・成長するとされている。思春期から大人にかけての時期では、憧れの意識から、対象の人物に少しでも近づきたいという心理が発することがある。また、芸能人のファンが、その対象人物のファッションや仕草などを真似るのは、モデリングのひとつである。』(ウィキペディア参照)


子どもの成長過程は、モデリングそのものです。
一番身近なパパママの行動・言動は、子どもの成長に大きな影響を与えます。


赤ちゃんのころは、笑顔を作ることもできないそうです。
パパママの笑顔を見て、笑顔の作り方を覚え、声を聴きながら言葉を覚えていくのです。


小さなお子様と接する際は、モデリングされていることを意識する必要がありますね。
表情・しぐさ・話し方・話の内容・・・
お子様に真似されても大丈夫でしょうか?


「子どもは親の背中を見て育つ」のです。
ぜひ、素敵な背中を見せてあげてください。


ゴールデンウィークということで、普段は仕事に忙しいパパママも、お子様に接する時間が増えることと思います。日頃の疲れを癒しつつ、お子様との触れ合いを大切にしてくださいね。


<< 前の記事へ
次の記事へ >>