出産祝いは「離乳食」!

投稿日:2012.02.03
記入者:夢川
担 当:川越子育て住宅研究会

友人が出産したばかりの頃。
出産祝いをあげようと思い、何が欲しいか希望をリサーチしたところ・・・「離乳食のセット!」とリクエストされました。


とりあえず、近所のベビー用品店へ。
離乳食コーナーに行ってみると、大人のごはん顔負けの、豊富なメニューが揃っていました!
「○○の○○煮込み○○風」といった、レストランのメニューにも書かれていそうなオシャレ離乳食がたくさん!


パッケージを見ると、「7ヶ月用」とか、「1歳用」などと表記されています。
産まれたばかりのころは、母乳やミルクですものね。
離乳食を始める時期は、赤ちゃんによっても違うようですが、6ヶ月ごろが目安のようです。


子育て経験もなく、赤ちゃんも身近にいない私は、もっと早い段階で離乳食をあげられるのかと思っていました…。(出産祝いで離乳食って、ちょっと早いのでは?とも思ったけれど、一通りのベビー用品は揃っているから先々に必要となるものが良いということでしょう。)


離乳食をいくつか選んだあと、離乳食用の「お弁当箱」を発見しました!
こういうものも、ちゃんと売っているんですね。
密封できるカラフルな容器で、保冷材が入れられる部分もあり、外出時に使えるものでした。


離乳食とお弁当箱をラッピングしてもらい、私がセレクトした「離乳食セット」が完成しました。
友人にプレゼントすると、とても喜んでくれました。
私も実用的なものをあげたかったので、良かったです。


『離乳期は赤ちゃんが母乳や育児用ミルク等を吸うことから、食べ物をかみつぶして飲み込むことへ発達し「食べる」ことの基礎をつくる大切な時期です。』(和光堂さんのHPより


友人の赤ちゃんが「食べる」ことの基礎を作るとき、私の離乳食が役に立ってくれると嬉しいです。


もりもり食べて、元気に大きくなってね。
でも、私みたいにものすごい大食いにはならないでね・・・
と、秘かに心の中で思う私でありました。

<< 前の記事へ
次の記事へ >>