父親が使いやすい「子育て支援策」は?

投稿日:2011.10.21
記入者:夢川
担 当:川越子育て住宅研究会

今回も、ベネッセ次世代育成研究所のインターネット調査結果を参考に、乳幼児の父親についての調査から、「父親が使いやすい子育て支援策」を見てみましょう。


「父親が使いやすい子育て支援策」には、どのようなものがあるのでしょうか?
アンケート結果は、以下のようになっていました。


1位:フレックスタイムや短時間就業が自由に取れる(取りやすい)こと
2位:男性の育児休業制度を法制化し、取得義務が生じること
3位:在宅勤務ができること
4位:男性の育児休業制度を100%休業にすること
5位:ノー残業の日が決められていること
・・・と続いています。


フレックスタイムや短時間就業、在宅勤務など、「柔軟な働き方」を希望する人が多く見られました。
また、育児休業の法制化、休業中の100%有給など、「法的制度の充実」も求められているようです。


職場の状況などもあるかと思いますが、忙しく働くお父さんたちが育児に参加するためには、企業や法制度による支援が必要と言えますね。


ご夫婦共働きのご家庭も多いことと思います。
近年は、育児休業制度を利用するお父さんも増えてきました。
子育てと仕事の両立は難しい場面もありますが、ぜひご夫婦の共同作業で子育てを楽しんでいただきたいと思います。


参考:ベネッセ次世代育成研究所『乳幼児の父親についての調査』

<< 前の記事へ
次の記事へ >>