家族のミッションステートメントづくり

投稿日:2011.04.28
記入者:中林
担 当:川越子育て住宅研究会

『7つの習慣 家族を支える16のストーリー』より、シリーズ第6回です。
今回は「家族のポスター」というエピソードから、家族のミッションステートメント作りについて考えてみましょう。


家族のミッションステートメントとは、簡単に言えば「どういう家族になりたいか」を決めることです。家族の目指すべき姿、将来のビジョンを家族で話し合って決めていくものです。


家族が同じ目的に向かって一つになるために、ミッションステートメントは重要です。


しかし、小さな子どもたちを含め、年齢もさまざまな家族が、こうした話し合いの場を作るのは難しいものです。そうした必要性も感じられないかもしれません。堅苦しく感じるかもしれません。


そこで、まずは「家族のイメージ」を共有してみてはいかがでしょうか?
「家族のポスター」というエピソードでは、次のような方法が実践されています。


まず、たくさんの雑誌やカタログ、のり、ハサミ、台紙を用意します。
それから、子どもたちも一緒に、「うちの家族らしい」イメージの写真を切り抜いて、台紙に貼り付けていくのです。家族で行った場所の写真、家族の持ち物の写真・・・心に留まったものをみんなで選んでいきましょう。


この作業が進むと、その家族のイメージを表す「家族のポスター」ができ上がるのです。


そこに現れるのは、『家族の意思決定を意識的にあるいは無意識のうちに導く基準』、つまりミッションステートメントの核となるものです。


ミッションステートメントは、『すべての意思決定の中心的な基準として常に活用されれば、それにそぐわないものはノーと、見合うものにはイエスと言える勇気を生み出す、非常に強力な源となるのです』(『7つの習慣 家族を支える16のストーリー』p.43より)


まずは、このイメージを家族で共有しましょう。
それから、ゆっくりと、これからの家族について話をしてみましょう。

<< 前の記事へ
次の記事へ >>