記入者: 湊菜々絵
担当業務: 営業
2017.02.27

もうすぐ春ですね

みなさんこんにちは!

日がだいぶ長くなってきて、春が近づいてきていることを実感しますねicon:sparkling

さて、今日は盆栽教室のご報告です

盆栽教室2年生、2月のお教室は…梅の剪定です

*材料
・梅

mn170227_%E6%A2%853.jpg

花の見ごろが終わったら、全部花は取っちゃいます

mn170227_%E6%A2%852.jpg

そして葉が出る前に緑の枝をバッサバッサ切ります
目安:緑に芽がついているので、下から2つ目の上あたりを切っていきます

来年この緑の枝から花が咲くことはないので思い切って短く!!

ということで、剪定完了です~icon:face_self-conscious_smile

そして新たな盆栽づくりです

テーマ: 『 沢沿いの春 』
*材料
・丹頂草(タンチョウソウ)
・立浪草(タツナミソウ)

mn170227_%E6%A2%851.jpg
▲左奥の謎の塊が丹頂草、手前が立浪草です


丹頂草はこの塊の下にひげのような根っこが生えていて、
根っこだけを土に埋めて、塊は土から出してあげないと枯れてしまうそうです。。
見かけによらず繊細ですicon:face_embarrassed

ちなみに今回のように小さい盆に植えつけをするときには、盆いっぱいに苔をはります

mn170227_%E6%A2%854.jpg
▲完成です

地味ですが、もうそろそろ花が咲き始めるので楽しみですicon:hearts

--------------------

■ 2017年3月11日(土)・12日(日)/2日間限り/参加無料 ■
■ 魔法のように空気をあやつる家 新築注文住宅 完成見学会 ■
プラスワンのアイデアで、家族みんなが健康に暮らす。
「魔法のように空気をあやつる家」が完成しました。
川越市 及び 周辺エリアにお住まいの方。
これから家づくりをお考えの方は、ぜひこの完成見学会にご参加ください!

魔法のように空気をあやつる家 新築注文住宅 完成見学会

--------------------
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~ ・~・~・~・~・~・~             
    icon:house 川木建設の『子どもがすくすく育つ家』 icon:house
    詳しくは、こちらから→子どもがすくすく育つ家
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~ ・~・~・~・~・~・~
川木建設で家を建てた方から頂いた『お客様の声』家づくりの参考に、大公開いたします。Customer's VOICES

この記事のみを表示する(印刷用)
記入者: 山﨑真吾
担当業務: 住宅不動産営業部
2017.02.26

こども園

sy170226-1soto.JPG
川越市内でこども園を建てさせていただいてます。

先日、幼稚園児対象の現場見学会を行いました。
ものづくりの楽しさを伝え、川木建設・建設業に興味をもってもらえればということで
実現しました。


sy170226-2soto.JPG
まずは外で軽くおはなし。
「中ではヘルメットをかぶるんだよ」などなど。


sy170226-3naka.JPG
はい、おじさんのお話し聞いてくださいね。
「ここは玄関。みんなが靴を脱ぐところだよ」などなど。


sy170226-4naka.JPG

sy170226-5naka.JPG
みんな一応楽しそう?に聞いているようでしたicon:face_shishishi


sy170226-6ki.JPG
最後にプレゼント。
この現場で使っている木です。

sy170226-7ki.JPG
こうやっておうちで色を塗って飾ってくださいね。


sy170226-8kinensyasin.JPG
20年後に、この子たちが川木建設の面接に来てくれたら嬉しいですね。
一緒にお仕事ができる日を願っています。


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~ ・~・~・~・~・~・~             
    icon:house 川木建設の『子どもがすくすく育つ家』 icon:house
    詳しくは、こちらから→子どもがすくすく育つ家
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~ ・~・~・~・~・~・~


この記事のみを表示する(印刷用)
記入者: 早川 喜久男
担当業務: 部長
2017.02.25

知っ得シリーズ21 「セットバックとは」

本日は「セットバック」という言葉の説明をいたします。

 建物を造る場合、道路において1つの決まりがあります。

それは、4m以上の道路に、その敷地が2m以上接道してなければならないというものです。

これは、簡単に言えば、車も入っていけないような場所に家を建てたら、火災の際に、消火活動がで

きないということからです。

 そこで、4m未満の道路の場合、道路が4m以上となるように、建物や門、塀等を道路の中心線か

ら2m後退しなければなりません。後退した敷地部分は、道路とみなされます。現在の建築基準法に

おいては、後退が必要な土地において建物を建築または再建築しようとした場合、後退をしなけれ

ば、建築確認がおりないしくみになっております。、街並みにおいてもまた、安全上においてもしっ

かり考えれ、良い仕組みづくりがなされていますね。

今日はこのようなお話でした。それではまた次回お会いしましょう。


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~ ・~・~・~・~・~・~             
    icon:house 川木建設の『子どもがすくすく育つ家』 icon:house
    詳しくは、こちらから→子どもがすくすく育つ家
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~ ・~・~・~・~・~・~
川木建設で家を建てた方から頂いた『お客様の声』家づくりの参考に、大公開いたします。Customer's VOICES

■ 2017年3月11日(土)・12日(日)/2日間限り/参加無料 ■
■ 魔法のように空気をあやつる家 新築注文住宅 完成見学会 ■
プラスワンのアイデアで、家族みんなが健康に暮らす。
「魔法のように空気をあやつる家」が完成しました。
川越市 及び 周辺エリアにお住まいの方。
これから家づくりをお考えの方は、ぜひこの完成見学会にご参加ください!

魔法のように空気をあやつる家 新築注文住宅 完成見学会

この記事のみを表示する(印刷用)

今なら資料請求で夢を叶える家づくりガイドブックプレゼント